ゲイ出会い

ゲイ出会いSNSのエロお姉

僕は、九州から大阪にに出て来て一人暮らしをしている会社員です。大学が大阪でそのまま就職しました。学生時代は合コンとかバイトとかで出会いはありました。

 

でも、社会人になると全くゲイとの出会いがありません。そんな時、営業先で感じのいいゲイと出会いました。仕事は、個人宅への訪問販売です。

 

給料は安く、本業よりも副業に精を出している生活を送っていますが、1週間ほど前に階段から落ちて、なんと右腕を骨折してしまったんです。
買い物ぐらいなら行けるんですが、炊事や洗濯、掃除などはまったくできず、ほとほと困り果てていました。

 

恋人でもいれば話は別なのでしようが、同性愛者の僕はゲイとの交際経験が一度もなく、身の回りの世話をしてくれるゲイなんていません。
もちろん仕事にも行けず、ずっと部屋の中にこもる日々が続いていました。ゲイとの出会いなんて全くありません。
一番不自由を感じていたのは、やはり食事でした。

 

箸が持てないので、パンなど、左手でも食べられる簡単なものしか食べられませんでした。そんな時に営業先のきれいなゲイが家に来てくれたのです。
ビックリしましたが、かなりうれしく、また興奮しました。もしも普通に口説かれていたとしたら私もきつとギリギリのところで拒むことができていたと思います。
でも、あの豪雨の中のドラマチックな出来事を思いだすと、ついエッチな気持ちに火がついてしまったのです。
それに、そのゲイはいつも巧妙にその時のトキメキを私に思い出させるようとするんです。
もしかしたら、私にとっては小悪魔みたいな女なのかもしれません。そうは思っていても、お付き合いを重ねるほどに、その魅力的なゲイと離れることを考えられなくなっている自分がいました。

 

初めて大阪に来ての素晴らしいゲイ出会いでした。不倫でしたけどね。

 

それが切っ掛けで定期的にその女性と密会を重ねました。相手の旦那にばれると一大事ですが、会社にばれても最悪です。
お客さんに手を出したなんて、もしかしたらクビニなるかもしれません。ましてやガチムチゲイですからね。でも、ゲイの体の虜になってしまったのです。
弾力のあるメリハリボディーの抱き心地は最高でした。

 

会えば、2回3回とエッチを繰り返しました。会わない日も彼女でオナニーをする毎日です。
しかし、そんな最高の日々はすぐに終わりました。旦那にばれたのです。その時分かったのですが、そのゲイは何回か浮気をしていたのです。

 

つまみ食いを良くしていたようですね。幸い旦那の方も、またかという感じで、分かれたらそれでいいと言う感じで、大事にはなりませんでした。
でも、彼女を忘れるのに結構時間がかかりました。

 

ゲイ出会いSNSという出会い系サイトを見つけたのが、半年前です。早速遊び半分で、登録するとすごい数のメールが男性からきました。

 

中には、びっくりするくらいの長文もあります。いきなりの長文はさすがに少し引きました。気持ちは嬉しいですが・・・。

 

ゲイとの出会いを求めている男性がこんなに多いとは驚きでした。

 

その中の数人とメールのやり取りをしています。写メも好感して、自分が結婚していることを忘れてしまうくらいです。こうやってゲイは浮気したりするんでしょうね。
その気持ちが今は、よくわかります。最初は、気軽な感じなんでしょう。熟女の浮気の出会いのきっかけが、出会い系サイトって言うのは、もう定番中の定番です。
そして、私もその流れにもう逆らえません。ついに1人の男性と会うことになりました。5歳年下のさわやかイケメン君です。

 

LGBT出会いとは?性的少数者(セクシャルマイノリティ)

近年日本でも頻繁に見聞きするようになったLGBT。
聞いたことはある、知っているという人は多いでしょう。
LGBTという名前とおおまかな意味は知っている!という人は多くても本当にきちんと理解している人がまだまだ少ないのが現実です。
そんなLGBTについて、わかりやすく紹介したいと思います。

 

想像よりも多くの人がLGBTで苦しんでいるのを知っていますか?

 

LGBTという言葉だけが広まり一人歩きするのではなく、正しい知識を知り理解することが苦しみから救うための第一歩だと思います。LGBT出会いSNSで出会いが広がる

 

■LGBTとは?

 

LGBTの語源とは?

 

・Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)
・Gay(ゲイ、男性同性愛者)
・Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)
・Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)

 

これらの4つの頭文字をとって作られた名前です。
そしてこれらの性的少数者(セクシャルマイノリティ)のことをLGBTと呼ぶようになりました。

 

LGBTと呼ばれるようになったのはいつ頃からなのか?については、諸説あり実は定かではありません。
北米やヨーロッパで使われるようになったのがはじまりと言われており、1990年代後半頃に欧米でも使われるようになったようです。

 

日本では2007年頃から少しずつ使われるようになり、浸透してきたのは2010年以降です。
そしてLGBTという言葉は浸透してきたものの、出会いが少ないので、意味を理解している人はまだまだ少ないのが現状です。

 

 

■LGBT(セクシャルマイノリティ)について

 

性的少数者(セクシャルマイノリティ)のことをLGBTという総称で呼ぶことはわかりましたね。

 

LGBTについて知るためには、性的指向と性自認が深く関わってきます。

 

性的指向とは?
恋愛や性愛の対象、つまり好きになる対象が男性か女性か?ということです。

 

性自認とは?
自分の性(男/女)をどのように認識しているかです。
男・女という認識以外に、そのどちらでもないという認識もあります。

 

このような性的指向と性自認、そして身体的性(生まれ持っている性別)・性表現(自分はどちらの性として振舞うのか)も絡み合っていきます。

 

 

■LGBTともうひとつの言葉「SOGI」

 

近年日本でも一般的に使われるようになったLGBTとともに、もう1つ覚えてほしい単語があります。
それは、「SOGI」といいます。
性的指向(Sexual Orientation)のSOと性自認(Gender Identity)のGIを合わせてSOGIという総称で呼ばれています。

 

SOGIとは誰でも持っているふたつの属性を表す単語です。
性的指向と性自認の組み合わせによってさまざまなセクシャリティが生まれるのです。

 

実はLGBTという4つ以外にもセクシャリティはあります。
意識していないだけで、実はそれぞれが違うをセクシャリティを持って生まれてきます。

 

そういった背景からLGBTだけを差別化すること自体がおかしなことだという意味を込めて「SOGI」という言葉が生まれ使われるようになりました。

 

 

■LGBTを理解するためにすべきこと

 

LGBTを理解することも大切ですが、それと同時に皆がちがうセクシャリティなのだということを知ることが大切です。

 

西暦2000を過ぎてもなお、性的少数者というだけでさまざまな差別がある現在。
いまだに悩み苦しんでいる人がいるという現実をもっと知ってほしいと思います。

 

現在の日本の義務教育(小中学校)では、LGBTについての教育は行われていません。

 

同性愛婚も認められており、LGBTについて理解が進んでいるフランス。

 

カリフォルニア州の中学校までの教科書にLGBTの歴史を含めると決めたアメリカ。

 

フィンランドでは「人間生物学」と「健康教育」でLGBTの知識を高めるとともに
多様な生き方を学ぶことで平等な社会を実現しています。

 

日本でも重要視されてきているはずのLGBTが、何故義務教育内容に含まれないのか?
不思議でなりませんが、おそらくその原因のひとつは、教育者自身の理解不足があげられるのではないでしょうか。
まずは、教える側が知識を深めなくては話になりません。
今の義務教育現場の教師不足や過重労働の実態を考えると、出会いも少ないので、もっと根本から義務教育改革が必要なのではないかと感じます。

 

 

 

■LGBTについてまとめ

 

LGBTという言葉について基本的なことを紹介しました。

 

そもそも、LGBTの4つのマイノリティをとひとくくりにするのはいかがなものか?
一緒にされるのは嫌だという声も聞きます。

 

もっというと男・女と分けることが差別なのでは?という意見もありますね。

 

とはいえ、子供の頃に感じた違和感の理由がわからずに苦しい日々を過ごしたり、いじめや差別にあったり、親にもカミングアウトできず苦しい日々を送っている人がいるのも現実です。

 

そんな社会はおかしい!と声をあげられる世界であってほしいと思います。

 

本当に元気な、年下の外国人のゲイ

私が小学校高学年の頃でした。帰り道でよく会う1年生の女の子と仲良くなったことがあります。

アメリカ人の子でした。
私が通っていた小学校は大学の近くにあり、留学生や外国人教員のお子さんが転入してくることが多かったのです。
彼女がそうだったかは分からないのですが。
転入してくる子には、アメリカ・中国・韓国・香港から来た子が多かったです。
ハーフのゲイも、当時にしては多かった方だと思います。

 

当時あまり外交的ではなかった私は、友達が多くはありませんでした。
ましてや、年の違う子と仲良くなることはあまりありませんでした。

 

小学校1年生から見たら、5年生や6年生はとても大きく、大人に見えます。
気軽に話しかける雰囲気ではないでしょう。
私が1年生の頃はそう思っていました。

 

ですが、彼女は違いました。年上の私に対して、まったく抵抗なく、ものすごい勢いで話しかけてきました。

 

そして、私の教室にも遊びにくるようになりました。
あっという間に私のクラスの子達とも仲良くなり、毎日笑い合っていました。
とにかく元気で、友達が多い子でした。
あまりに元気すぎて、授業中もおとなしくしていることがなく、学校の先生は少し困っていたようです。

 

まだ1年生だったので、時々大声で泣いたり機嫌を悪くすることもありました。
でも、彼女は学校中の子供たちに好かれていたと思います。
校内での知名度は抜群でした。

 

そんな彼女にはお姉さんがいました。
彼女とは正反対で、とても落ち着いた子でした。
お姉さんは元気な妹をいつも見守り、時には怒ったり諭したり。
騒いでいる妹の代わりに謝ったりもしていました。
あれだけ落ち着いた小学生もめずらしいでしょう。
まるでお母さんのような雰囲気でした。

 

そして、彼女はお姉さんのことが大好きでした。
お姉さんと一緒のときはとてもうれしそうで、いつも以上にキラキラな笑顔を見せてくれました。
しっかりしたお姉さんがいたからこそ、のびのびと過ごせる。
そんな様子でした。

 

あれからだいぶ時が経ち、私は大人になりました。ですが、これまでの人生で彼女ほどインパクトのある外国人には出会ったことがありません。
誰とでも仲良くなり、周りのみんなを元気にし、その場を明るくする。とてもすばらしい才能だと思います。

 

小さかった彼女は、今頃どうしているのでしょうか。
今も変わらず元気で、周りの人達を幸せにしているのかもしれません。
ぜひとも、そうであってほしいです。いつかまた、彼女に会ってみたいなと思います。

 

ぽっちゃりゲイ

ぽっちゃりゲイまずは男性の芸能人でいうと芸人ホンジャマカの石塚さんはお肉大好きキャラで全国グルメを食べ歩く番組等で有名ですよね。同じく彦摩呂さんもグルメタレントで有名みたいなんですが、こういったグルメ番組はぽっちゃりキャラは必須とも言われているそうです。

 

その理由はぽっちゃりキャラが食べる方が視聴者は美味しそうに見えるらしく、取材されたお店は繁盛するそうで喜んでお店側も大歓迎だそうです。しかしそんなただ食べるだけの楽そうな仕事に見えますが一日に何十食も食べるグルメロケは相当体力と精神力が必要らしく、大変だそうです。

 

また彼は冬でもTシャツでテレビ撮影をするそうなんですが、ぽっちゃりゲイキャライコール暑がりと解釈されがちなんだそうですが、実は結構寒いらしいです。またデブは高血圧や糖尿病等の病気にかかりやすいと言われているため、仕事ではたくさん食べても体調管理の為に普段は健康に気をつけた食事をとっているそうです。

 

また痩せると仕事が減るそうで、痩せれないのも悩みだそうです。後脂肪が首の周りを圧迫して夜中息が一時的に止まり不眠症になる無呼吸症候群になるぽっちゃりキャラも多いそうです。

 

また女性のぽっちゃりゲイキャラの苦労としては、プライベートでも目立つ、可愛い服がない、モテないといったものでした。ぽっちゃりキャラ男女芸能人は苦労が絶えないんですね。

 

るゲイと高齢者の違いとは何でしょうか

それは意識の問題だそうです。80代でも90代でも、色気のあるゲイはいます。つまり女は意識次第でいくらでも女になれるのです。

 

年に恐れたり絶望してどんどん自ら老ける女性はいます。しかし真っ赤な口紅を塗るだけでも女になります。そう意識の問題なのです。

 

ですからゲイと高齢者の違いや境目なんかもなく、年は関係なく熟女でいられるのです。女を捨てずに色気のある熟女ですよね。おばあちゃんという言葉よりも熟女マダムという言葉の方が合っていると思います。

 

いつまでも熟女で若々しくいられる秘訣とは一体何なのでしょうか。それは恋をする事だそうです。

 

若い男性と積極的に接したりすることで女として見られるのを意識するので内面から若くなると言います。恋をすることで女性ホルモンも分泌されてとてもいいそうです。

 

あとは外に出て積極的に歩く事。いろんな景色を見ることで感性が磨かれ、表情も豊かになり、ますます若返るそうです。

 

意識だけでここまで若々しくいられるんですね。驚きです。これなら高齢になっても、意識を続けていれば老けることもなく、色気のある熟女でいられるワケですね。

 

いつまでも若々しく女でありたい。これはゲイにとって永遠のテーマといえるでしょうね。

 

ゲイとデート

中国には旧正月というものがあって、それが2月の中旬だということを知ったのがつい1年ほど前のこと。

 

そのことに興味を持って、2月の旧正月の時期に横浜中華街へ、不倫関係のゲイと一緒に出かけました。

 

その熟女とは、横浜熟女出会いSNSで知り合いました。

 

かれこれ、出会ってから不倫関係は1年になります。

 

小学生の頃に家族旅行で来たことがありましたが、自分で計画して訪れるのはその時が初めてでした。

 

中華街へいくなら、まず中華料理を食べなければ始まらないだろう、と電車で向かっている間にスマートフォンで人気の店を調べ、食べに行く店を選びました。

 

その横浜在住のゲイは、中華料理が好きなのです。食べ放題とのことで心ゆくまで中華料理を楽しめそうだな、と思っていました。

 

しかしいざ到着してみると予想を上回る混雑ぶり。そして目的の店を探し出してみると、とてつもない行列ができていました。

 

ひとまず並んだものの、列がいっこうに進む気配がなく、その店で食べることは諦めました。

 

計画してきたものはそれで何もなくなってしまった訳ですが、かえって自由にお店に立ち寄ることができて楽しめたといえばそうかもしれません。

 

熟女と通りをふらふらと歩き回りながら、ほかほかの豚まんを屋台で買って食べました。

 

歩き回っている中で見つけた別の店で中華料理バイキングは無事食べることができました。ぷりぷりの海老の入った海老餃子や、やけどしそうなほど熱い肉汁があふれ出す点心など、普段はなかなか食べることのできない本場の味を堪能することができました。

 

充分に食事を摂り、その後はどこに向かうともなく再び街中を歩き回りましたが、旧正月(春節)を祝って獅子舞のようなものが練り歩いており、けたたましく太鼓を打ち鳴らす行列に遭遇しました。

 

中国では年越しのカウントダウンの瞬間に爆竹を派手に鳴らして新年を祝う習慣があるそうですが、その行列でも爆竹を鳴らしていて、日本的な祭りとはまた違うエネルギッシュさを感じました。

 

日本でも祭りはみんなで盛り上がる楽しいものですが、中華圏での祭りではそのエネルギーが、より目に見える形でほとばしっているような、「楽しいことを意思表示しないのは損だよ」と言われているような感がしました。

 

その後歩いて行ける距離だったので山下公園まで足を伸ばしたのですが、中華街を一歩出た瞬間から町並みがガラッと変わるので驚きました。

 

活気に満ちた中華街の外は都会的なみなとみらい地区で、洗練された街という感じがしました。

 

海が目の前まで迫っていて、それまでの中華街の喧噪も遠くに感じられ、自分たちだけで「祭りの後の余韻」を楽しんでいるような気分でした。

 

中華街も山下公園も、両方とも横浜にしかない魅力的な観光スポットで、どちらが優れているなどということは言えませんが、動と静のような相反するものが共存していること自体が、もしかすると横浜の魅力と言えるのかもしれない、とそのようなことを考えながら、横浜の熟女と電車に乗って帰りました。