電話占い当たるからする

言い当てられて、初めて信じる気持ちが芽生えました。
私が体験したのは、名前・生年月日・生まれた時間帯の3つを書いて、見てもらうという占いでした。
先にに見てもらっていた友人が自分のことを占い師の方にペラペラしゃべっているのを見て、「うわ〜、自分から情報を伝えてるよぉ。」と感じたので、占いに対して、今までそれほど信じようとしない節があった私は、自分のときはあまり喋らないようにしようと考えていました。
今思えば、占い師の方にとって、とても不愛想なお客と思います。「どんなことを見てほしい?結婚適齢期?」と聞かれましたら、とてもアバウトに「これから起こりうること全般。
そして、マイナスな内容であれば、それに対する対処法を知りたいです」と答えました。すると、私の名前の字画を計算しはじめ、そこからはじき出された数字をどんどん不思議な枠の中に書き込んでいきました。
そして、暫くすると、「婦人科系が弱いから、体を大切にしなさいね。そうしないと、もう一回手術する可能性あるわよ。」と言われたのです。私は、その言葉を聞いて、心臓が一瞬止まりそうになりました。
なぜかというと、確かに高校生の頃、手術をしていたからです。何も話さないでおこうと思ったのですが、「過去に手術したって、そんなことまでわかるんですか?それはいつ頃だったと出ていますか?」と聞くと、「15〜18くらいって星には出てるよ。この先、体を労わらないと、二十代半ばで体調崩すって出てるから気をつけなさいね。
あなたは気を遣いすぎて、ストレスをため込む性格だから、それが弱い婦人科系に出るって星に出ているわよ。」この話を聞いて、本当に寒気がしました。私は、高校2年生の時に卵巣の病気にかかり摘出していたからです。あれから十年が経ち、社会人になった私は、必死に社会に揉まれながら働いていました。そして、二度目の手術を経験しました。次は残されていたもう片方の卵巣の手術でした。しかし、幸いなことに、お医者様がよい腕の持ち主で、卵巣を全摘ではなく一部残してくれたのです。
その数年後、無事に結婚し、今では子供を一人授かることができました。実は、占いを信じていなかった私でしたが、二度目の手術のあと不安になり、その占い師さんの元を訪れたのです。聞きたかったことはただ一つ。「私、子どもができるでしょうか?」彼女は、もう高齢で杖をついて歩くくらい年をとっていましたが、力強く「大丈夫。きっとかわいい子に恵まれるから。」と言ってくれました。これが私が心救われ、本当に驚いた占いの体験です。

電話占いが当たった

社会人になってから半年後、学生時代から付き合っていた彼に突然ふられてしまいました。
ふられるのは初めてだったので、どうしたらいいのかわからず、いろいろな人に立ち直る方法を聞いて回りました。
するとある先輩が、気分転換に占いに行ったら良いよ、とアドバイスをくれました。そこで私は、次の恋愛についてや結婚について占ってもらおうと思い、占いに行くことに決めました。一人で行くのは少し勇気がいったので、学生時代の友人と三人で占いに行くことにしました。
占いは初めてで、そこまで高くない、当たると有名な占いにいきました。手相や姓名判断、タロットカードを使って、占いをしてくれました。気になる恋愛について聞いてみると、まず元彼のことを引きずっていることを言い当てられました。
どうしたらいいか助言をお願いすると、冬にもしかすると彼から連絡がくるかもしれません、でももしこなければ彼はもう新しい恋愛に進んでいるのですっぱりと諦めて、あなたも次の恋愛をしなさい、と言われました。そこで冬まで待とうと思いました。次に結婚運を聞いてみると、男性関係で困ることはありません、年上の穏やかな男性と合うと思います、初対面からでも意気投合してのちのち結婚するかもしれません。友達の紹介でも一人で居酒屋に行ってみるのでもいいから、行動してみなさい。と言われました。
もう誰とも付き合えないのではないかと少し不安になっていたので、占い師さんの言葉はかなり支えになりました。 そして冬が来ました。元彼から連絡があるなら冬と言われていたなあと思いながら過ごしていました。
そうするうちに3月になってしまいました。
元彼からの連絡はきませんでした。これは占い師さんの言った通りだなと思いました。後日わかったことですが、元彼は年末に新しい彼女ができていたそうです。占い師さんは正しかったなと思いました。
そのため、すぐに切り替えることができました。 そして自分も新しい恋愛をするため、友人に友達を紹介してもらいました。何人か紹介してもらう中に、電話のやり取りだけでこの人と気が合いそうという人が見つかりました。
そしてその人と初対面で会った日、彼が告白をしてくれ付き合うことになりました。今その人は私の旦那になっています。初対面から意気投合する穏やかな男性という表現は占い師さんの言葉に合ったので、とても驚いていますし、感謝しています。また人生に行き詰ったら、占いにいってみようと思っています。
人気当たる電話占い

結婚と出産が大当たり〜!
新宿のとある雑居ビルの中にある占い師は友人に教えられて初めてドアを叩いたのは約15年前。当時わたしは離婚をして一人で朝も夜も仕事に明け暮れていました。恋愛はうまくいかず、なんとももんもんとしたその日常を仕事場友人に相談してみました。わたしよりも年下のその友人は「あ!いい占い師いますよ。でもあんまり教えないでって言われてるんです。内緒で教えますね」と電話番号と苗字だけ書いた紙を渡されました。「この人、下の名前はなんていうの?」苗字だけだったので思わず聞くと「それが…本人にも効いたんですけど教えてくれなくて…。とりあえずちゃんと存在してますから行ってみてください。料金はたしか30分で5000円です。
それ以上はかかりません。そのかわり延長とかもないですので。」
普段は仕事をしている占い師らしく、夕方の五時からしか電話はつながらないと言われました。わたしはすぐにつながり三日後の午後六時に来るようにと言われました。


【あまりなじみのない新宿へ】
都内で仕事をしていたものの、東横線に近いわたしは渋谷方面にはなじみがあっても新宿はちょっと苦手でした。でも南口だったのでとりあえずなんとかたどり着けました(西口はどうも毎回迷ってしまうんです)マンションの10階。ふたりも乗れば狭いような暗いエレベーターで昇ります。「怖い…」なんとなくデンジャラスな空気が醸し出されています。インターフォンを押すと男性の声で「中にお入りください」「は!はい!」入るとなんとまたさらに玄関口。しかも真っ暗。またさらにドアがありどうやら待合室に案内された様子。

【占い方法はタロット】
「今離婚して再婚相手をさがしているんですが…。」わたしはその当時付き合っていた彼の写真や他にもきになる男性の生年月日などを持参しました。「この人たちはないですね。」バッサリ。自分でもそうかなぁというのはありましたが、ちょっとムッときました。「じゃあどうすれば結婚相手に出会えますか?」 「今は出会えません。しかもあなたは恋愛では見つけられない。しかるべき人に紹介されて結婚します。三年後です。」

【三年後】
わたしは仕事場の同僚の母親からの紹介で結婚相談所を経営する女性を紹介されて、三年のお見合いなどの婚活の末に現在の夫と結婚しました。しかし今度はなかなか妊娠できません。高齢での再婚だったので「赤ちゃんは出来なくてもいいや」くらいに思っていてわたしでしたが姑や夫は「なんとか不妊治療してでも子供を産んでほしい」と言われたのです。驚きました。しかしなかなか思うようにいかない。どうしよう。

【結婚の報告とともに子供について相談へ】
結婚して3年。不妊治療しているけれども妊娠しないことを告げるとまたタロットを捌き「今の通っている病院じゃ答えが出ません。病院変えてみて。できるだけ活気のあるところ、遠くても通ってみて。わたしは早朝の高速バスに乗って都内まで治療に通いました、すると結果三回目の治療で妊娠できたのです。以前の病院には三年近くかよってもかすりもしなかったのに。

【性別、生まれる時期も…】
10月。男の子が一人。実際には11月生まれでした。しかし男の子が一人産まれました。



現在元気に幼稚園に通っています。しかし最近は仕事や夫婦関係がちょっと雲行きが怪しくなってきたので、15年ぶりに電話してみようかとこれをかきながらドキドキしています。




私は正直、占いなるものは信じていませんでした。テレビでこちらでは良いことを言ってあちらでは違うことを言う、占いも全部が当てはまるように微妙なニュアンスで話していると何かで知ったときこれは信用出来ないなぁと思ったのです。そんな私の目に飛び込んできたのは手相占いでした。いつもは素通りするその場所に手相占いと手書きの文字で書かれた看板が立っていてそこに座っている占い師の方も胡散臭いベール等は着ておらず普通の何処にでもいる主婦のような方でした。
何故か気になって足を止めた私にその占い師の方は気付きにっこりと微笑みました。わっ目が合ってしまったと焦る私に手招きし椅子に座れとジェスチャーしたのです、こっこれは私、もしかしてカモられてる?!とオドオドしている私に一層激しくこいこいと手招きしてきました。
これも何かの縁と思い恐る恐る椅子に座ると『両手を見せて下さい』と言われたので両手の掌を上にしてテーブルの上にのせました。『貴方は何かに悩んでますね』占い師のの方が話してきます。
そりゃ悩みなんてない人はいないよと私が思うと『どうしたらいいのか解らない?』と言うのです。『何処に向かえばいいのか解らない?』まだ黙ってる私に『何を仕事にしたらいいのか解らない?』と言ったのです。私はその時仕事に行き詰まっていました、辞めたくて仕方がなくでも辞めた後のことを考えると怖くて辞められない。
びっくりする私に占い師の人は『あっ当たった!?何か辛気臭かったからこれかと思って言ってみた』あははと笑だしたのです。占いじゃないのかよ!とムッとすると占い師の方は『結構悩んじゃってるね、どうしようかふらふらしてる』そう言って私の手を揉み出しました。唖然としている私に向かって『大丈夫!今辛いかもしれないけど自分で切り開く手相してるからこの先いいことあるよ』話してる最中手は揉まれ続けられてて私は無言。何だか微妙な空気が流れたところで『私に聞きたいことある?』と言ってきました。数秒考えてから『なんで手相占いをしてるんですか?』と訳の解らない質問をすると『私ね、手フェチなの』とびっくり発言。
固まる私ににっこり笑いかけ『手フェチにもってこいの職業でしょ!』と言われました。何だか面白いなぁと思ってると『貴方はクリエイターの質があるみたい、一人で好きなことやったらいいよ、人と一緒だと疲れるでしょ』とのこと。
そう言われて、集団行動ができなかったり人と一緒が嫌だったっけと思い出しました。好きなことか、それもいいなぁと思ってると『はい、終わり』そう言って占い師の人は私の手から離して『五百円』と言うのです。『えっお金とるの!?』びっくりしている私に『うん、そう』と晴れやかな笑顔で返してきました。
お財布から500円を出して渡し私はその場を立ち去りました。
又後日そこに行くと占い師の方がいたのでなんで手を揉んだか聞いてみたら趣味とのこと、まっいっかと思った手相占いでした。


それは、私がどうしても友人や家族に相談できないことで何日も悩み続けた結果、今まで行ったことはないものの、名前だけは有名な占いのお店に行ったときのことです。そのお店は私の思い込みかもしれませんが、占いの店にありがちな、ちょっと薄暗い雰囲気のところでした。いや、薄暗いどころではなく、足元が見えにくいほど暗かったのです。ですから、その薄暗い中からにゅっと一人の女性が現れたのもびっくりでした。
その人が「いらっしゃいませ、今日はどんなことで来られましたか?」と話しかけてくれたので、「実はちょっと占っていただきたいことが・・・」と答えますと「どうぞこちらへ」と、さらに奥に入るよう促されました。
mlそこには小さなテーブルクロスのかかった丸テーブルと、タイマー、メモ用紙がありました。
これで時間をはかりながら占ってくれるんだなと思い、腰をおろしました。「20分2000円でお願いします」「わかりました。占ってほしいことについて言ってください」といわれたので、悩みの原因となった18歳年下の男性のこと、自分のおかれた環境のことなどを話しました。そうすると「貴方に必要なことはね、自分にいい暗示をかけることね。毎日のようにくりかえし、いい言葉を自分にかけてあげてください」と言われます。なんか変だなとは思いましたが、さらに心にあったことを告げ、占ってもらおうとしましたが、一向にその女性はカードも出さなければ、暦を取り出すわけでもありません。ただ、ひたすらに「ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、・・・」と、アドバイスを口頭で告げるだけ。」「でも・・・」と、言い募ると、「その人は確かにあなたに好感を持っています。でも、貴方が望んでいるような気持ちではないのです。それでも貴方が自分の気持ちを伝えたいのなら、伝えたほうがいい。黙って何もなかったことにして自分をごまかしていても苦しいだけだから」と言われます。「なんでそんなことがわかるんですか?」と尋ねると、「私には人の波動が読めるんです。だから、その人の気持ちも読むことができる・・・」そういっている間に、無情にもタイマーが鳴り響きました。20分経ったのです。すると、その女性は、タイマーをとめてしまいました。あれ?と思いましたが、されでも、まだ私にアドバイスをしてくれるようなのできいてみると「今年一年は自分の思うことをきちんとやりとげてください。来年に結果がでます」。終始、言葉のみで、カードも暦もなし。なんだか、おかしい、「これって占いっていうのですか?」と、どうしても納得できずに尋ねると、「私の占いは霊感占いなんです」と言う答えが返ってきました。
確かに、最初からカードも暦も出ていませんでしたから、この占い師さんがそれらを使う人でないことは私もその時点で気づくべきだったのでしょう。
しかし、どんな占いをするのかも案内されずにいきなり人生相談のような内容のアドバイスをもらって、「これが占い結果です。
料金は4000円になります」と言われ、さらにびっくり。確かに、20分を超過したけど、その時点でこれで20分経ちました、まだ続けますか?とこちらに確認してほしかったです。今回のような体験は、今まで行ったことのあるお店では絶対にしないことでした。